戸籍を利用しての人探しについて

人探しをする手段として戸籍を利用する方法があります。
特に探している人が両親や兄弟、祖父母などの直系親族に当たる場合や債務関係のある特別な理由がある場合には比較的簡単に請求が出来るのです。

 

役所に直接出向く場合は運転免許証などの写真付き身分証明書が必要になります。
その他債務関係が確認出来る書類や直系を証明できる書類の提示を求められる場合があります。

 

郵送の場合は写真付き身分証明書のコピーなどと手数料分の定額小為替、返信用の封筒を同封しましょう。
事前に役所に確認する事をお勧めします。

 

こうして取得した戸籍には両親や子供などが記載され、出生、婚姻、離婚、養子縁組、死亡などの記載がされています。
これによって生死の確認が可能となります。

 

更に附票によって住民登録上の住所を知る事が出来ます。
しかし、中には住民登録上の住所と実際に住んでいる住所が違う場合があります。

 

また、職権消除されている場合もあります。
こうした場合は公簿からの追跡は不可能となります。
実際にどこに住んでいるかを確認するには聞き取りなどして探す他ないでしょう。

 

後は人探しのプロである探偵社などに依頼料を支払って探してもらう事になります。
ただし、依頼料は決して安くはないので探偵社を選ぶ時は慎重に行って下さい。

 

より確実な人探しなら信頼と実績の原一探偵事務所

人探し

原一探偵事務所

・調査実績41年
・解決実績8万件以上
・全国対応
・24時間365日対応
・相談無料



原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

戸籍を利用しての人探しについて