人探しと暴力団について

過去において、暴力団が人探しを目的に、調査機関に仕事を依頼することがありました。現在では、調査機関としては、調査結果がもたらす一般市民に対する被害性を懸念して、調査依頼の全てを拒絶している状況にあります。善良な市民に対して、調査という方法を通じて、困っていることを解決しようとしている立場にある以上は、事件の片棒を担ぐ訳には行きません。

 

これに対して、暴力団自らが全国に広がるネットワークを利用して、人探しをおこなう場合があります。その集団の性質上、執拗なまでの物事に対する執着は衰えることはありませんので、調査機関顔負けの掘り起こしをおこなうことがあります。その経過において事件性を抱えることも否定は出来ません。

 

一方、探していた人が、団員になっていたり、または団がらみの仕事に就いていたという結果もあります。判明した時点で、調査の途中からは行動も慎重にならざるを得ず、最後まで踏み込むことは危険と判断される場合もあります。引き戻したい、足を洗わせたいという気持ちも強まりますが、冷静な対応が求められます。

 

いずれの場合も、少なからず危険性を伴う可能性がありますので、必要に応じて警察の力を借りるなどして身の安全を確保しながら進めることが大切です。

 

より確実な人探しなら信頼と実績の原一探偵事務所

人探し

原一探偵事務所

・調査実績41年
・解決実績8万件以上
・全国対応
・24時間365日対応
・相談無料



原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

人探しと暴力団について