生き別れた方の人探しについて

幼い時に生き別れて顔も覚えていない両親や兄弟、姉妹を探したい時の方法はいくつかあります。
まずは、自力で探す方法、人探しのプロである探偵社や興信所に依頼する方法、そして法律のプロである弁護士、司法書士、行政書士に依頼する方法などです。
自力で探す場合の手段の一つとして戸籍や住民票を取り寄せる方法があります。
戸籍や住民票は両親や兄弟、姉妹、祖父母などの直系親族や債務関係があるなど特別な理由がある場合に請求する事が出来ます。
戸籍には出生、死亡、婚姻、離婚、養子縁組などの身分事項に関する記載がされているので生死の確認や現在結婚しているのかまで知る事が出来ます。
そして、戸籍には戸籍の附票が存在し、戸籍の附票には現在の住民登録上の住所が記載されています。
これで現在どこに住民登録しているかまで知る事が出来るのです。

 

しかし、中には住民登録上の住所に実際は住んで居なかったり、職権消除されていたりと現在実際にどこに住んでいるか不明な場合も多々あります。
そうなると人探しのプロである探偵社などに依頼した方が早く見つかる可能性があります。
自力で探すとなると親戚や知人への聞き込みという手段しかないでしょう。

 

しかし、人探しのプロである探偵社は色々な手段で探してくれます。
無料相談を行っている探偵社もあるそうなので、気になる方は是非一度相談してみて下さい。

 

より確実な人探しなら信頼と実績の原一探偵事務所

人探し

原一探偵事務所

・調査実績41年
・解決実績8万件以上
・全国対応
・24時間365日対応
・相談無料



原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

生き別れた方の人探しについて