人探しに必要な基本情報

人探しは、警察に捜索願を提出するほかに、お年寄りなどの場合には、役所に申し出てメールなどによって多くの人に呼び掛けてもらうこと方法もあります。しかしトラブルなどが原因の失踪者や、学生時代の恩師や、初恋の人などを探す場合には、探偵業者などに依頼する方法が一番有効です。

 

依頼する際に必要とされる対象者の情報としては、対象者の基本情報である氏名や年齢、性別、元の所在地などや、携帯電話番号、銀行の通帳の状況、クレジットカードなどの請求書、運転免許証の更新などの情報、勤務先の情報、対象者の写真、書置き、友人や知人の情報、異性関係の情報などがあります。

 

学生時代の恩師や、初恋の人などを探す場合には、学生時代のアルバムや住所、写真、当時の友人や知人の情報だけでも調査が成功する確率は十分高くなりますが、対象者が金銭トラブルや、犯罪などに関するトラブルなどで失踪している場合には、身を隠すように生活していることが多いので、人探し調査の難易度が高くなります。
そしてこのような親族ではない他人を探す場合は探偵などの専門調査会社からは断られる可能性のほうが高いので、自分で探す以外に道はありません。

 

このため失踪者の情報は些細なものでも伝えることが必要になり、情報の量が多ければ調査期間が短くて済み、発見率が向上し、調査費用も軽減されます。また情報収集の方法がわからない場合には、探偵業者に問い合わせることで教えてもらうことが出来ます。

 

人探しで見つけやすくなる情報を公開する

人探しを誰かに協力してもらう時には、対象の人物を情報を得たい相手に思い浮かべてもらう必要があるでしょう。
個人を特定する情報となると、名前であったり住所などを思い浮かべる人もいるでしょう。
しかし、住所は所在が分かっていないから探しているのであって、伝えるのは難しいでしょう。
また、名前は結婚などで変わっている場合もありますし、普段の生活を偽名などで過ごしている可能性もないとは言えません。
それらの情報のみで個人を特定しようとするととても難しいでしょう。

 

探している人が、どのような人か伝えるには、その人の特徴を細かく伝えた方が良いでしょう。
年齢、性別はもちろんのこと、ほくろや傷跡など目立つところで、あまり簡単には変わらないものを情報として公開する方が良いのです。眼鏡などはもちろん最後に見た姿として伝えても良いでしょう。しかし、眼鏡はコンタクトに変えることもできますし、特徴としては弱いかもしれません。

 

どのような人物なのか、相手がイメージできたならば該当する人物を知っているのか答えやすく、人探しの参考となるでしょう。

 

より確実な人探しなら信頼と実績の原一探偵事務所

人探し

原一探偵事務所

・調査実績41年
・解決実績8万件以上
・全国対応
・24時間365日対応
・相談無料



原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

人探しに必要な基本情報について