人探しを依頼するケース

人探しをしなければならない状況のさまざまに付いて考えてみると、先ず家族の失踪があります。
子供の家出、誘拐された恐れのあるもの、認知症の徘徊老人、幼児の迷子、不慮の事故で病院に運ばれているのに
連絡が付かない場合などがあります。

 

このようなケースではまず自分で心当たりを探してみて、見つからない場合警察に届けることになりますが、
事件性の恐れの無い場合は警察も人手不足でなかなか動いてくれないのが実情ですので、さらに自分でも
探し続けたほうがよいでしょう。

 

その他、借金が返せずに逃げ回っている人を捕まえるべく、家の付近に金融業者やそこに雇われた人間、又は
依頼された専門の業者が張り込むことがあります。このような場合は警察は介入しないので業者自らが人探し
にのりだすものです。

 

隣近所に聞き込みに回ったり、家のドアを叩いてみたり、近所は迷惑をこうむります。
昔の恋人、友人などの消息を知りたくて探偵事務所に依頼する例もあります。

 

事の性質上、時間と費用を惜しまないケースがほとんどですので探偵を雇うことになるようです。
昔の恋人をしつこく追い回すというようなケースとみられると、ストーカー行為にまちがえられやすく警察沙汰
のなりかねないので注意を要します。

 

より確実な人探しなら信頼と実績の原一探偵事務所

人探し

原一探偵事務所

・調査実績41年
・解決実績8万件以上
・全国対応
・24時間365日対応
・相談無料



原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

人探しを依頼するケース