安否確認をしたいので人探しする場合について

世の中には安否確認が出来ない行方不明の方が意外と沢山います。
こういった方達を探す場合、人探しの相手が両親や兄弟、祖父母などの直系親族の場合は戸籍や住民票を取り寄せる事が可能です。

 

また、債務者の行方を知りたい、相続人を確認したいなど特別な理由がある場合も請求が可能です。
まず、役所で戸籍を取り寄せる事で生死の確認が出来ます。
戸籍には出生、死亡、婚姻、養子縁組、離婚などの身分事項の記載がされているからです。
まだ、生存していた場合は戸籍の附票を取り寄せて住民登録上の住所を知る事が出来ます。
ただし、死亡届が提出されていないと死亡の記載はされません。

 

また、住民票を取り寄せても実際はそこに住んでいなかったり、職権消除されていたりと役所の公簿で探す事が出来ない方も大勢います。
こうなると自力で探すのは難しいでしょう。

 

依頼料はかかりますが、人探しのプロである探偵社に依頼する事が一番確実かもしれません。
依頼料は探偵社によって違いがありますが、1時間15,000円から30,000円程かかります。
自分で調査した調査内容を伝える事で調査は早く進むかもしれませんので、事前に自分で出来る範囲で調査しておく方がいいでしょう。
また、探偵社によっては無料相談を行っているところもありますので、是非利用しましょう。

 

より確実な人探しなら信頼と実績の原一探偵事務所

人探し

原一探偵事務所

・調査実績41年
・解決実績8万件以上
・全国対応
・24時間365日対応
・相談無料



原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

安否確認をしたいので人探しする場合について